BUILD 03
人・環境をつくる

社内プロジェクト

「働きやすい職場」を
自ら考え、つくり出す。

BUILD03

大英産業には社員発案のプロジェクトや若手社員が活躍できるチャンスが多くあります。
「若い社員でも意見を出していいんだ」そう思える雰囲気があるので、
年齢はもちろん部署の垣根もなく、誰もが自由に意見を出し合うことができるのです。

仕事が充実し、生活も充実する。
それはつまり、
人生が充実するということ。

例えば、たった一人のある女性社員の発案で始まった「WPP(ウーマンパワープロダクション)」という社内委員会。委員会メンバーは、産休を間近に控えた社員の相談を受けたり、育休中の社員と子どもたちが参加する座談会を開いたり…と積極的に活動中。育休からの復帰者が多いので、「同世代で子どもも同級生という人が社内に増えて心強い」という声も聞こえてきました。女性社員がもっと長く働ける職場へ、そんな意思を持って社内環境づくりを推進しています。

「社員の声から始まった」、「若手が活躍している」取り組みの一例

  • ・社内コンペ

    入社3年目の社員が新たな設計プランのプレゼンを行い、商品化へとつながりました。

  • ・ミッション実現プロジェクト

    「事業部のミッション実現のために何ができるか?」を若手が中心となってさまざまな取り組みを実施しました。

  • ・地域イベントの企画・運営

    北九州マラソンでは毎年1年目の社員が中心となって、社員だけではなく地元企業の皆さんを巻き込んだ企画を展開しています。

個人が伸びる。
だから会社が伸びる。

「個」を大切に、若いうちからどんどんチャレンジができる自由さと、お互いに全力でサポートし合う社風は声を大にして自慢したいところ。社員1人1人に「働きがいのある職場」をつくり出せるチャンスがあるのです。