土地活用事業
投資用1棟マンションサイト

よくある質問Q & A

投資の種類と仕組みを教えてほしい

投資の種類:「金融投資」と「物的投資」

株式・債券、投資信託、外貨預金など「金融資産」への資金投入を「金融投資」といい、金やプラチナ、不動産や機械などの「実物資産」への資金投入を「物的投資」といいます。

金融投資

流動性が高く、プレイヤーの数が多いため、勝ち続けるには知識と時間が必要

物的投資

流動性が低く、プレイヤーの数も少ないため、金融投資に比べ勝ちやすい

利回りとは?

利回りとは、投資した資金に対して、どれくらいの年間利益があがるのかその投資効率を表した数字です。利回りをみることによって投資案件の優劣を見極めることができるようになります。

計算方法:不動産の場合  1億円のマンションを購入したとして、年間1000万円の収入があれば、利回りは10%となります。

返済方法:元利均等返済と元金均等返済

投資のため、金融機関から借り入れをした場合、「元利均等返済」と「元金均等返済」と二つの返済方法があります。

元利均等返済

元利均等元金と利息の合計額を均等にする返済方法。

メリット
一定額のため、返済計画が立てやすい
デメリット
最初のうちは利息の割合が多く、元金の減りが遅く返済総額が大きくなる

元金均等返済

元金を均等に割り、利息を足した額を返済する方法。

メリット
年間の返済額が徐々に減少する返済総額が比較的小さくなる途中で売却する際のリスクが小さい
デメリット
返済当初の返済額が大きい

金利:固定金利と変動金利

固定金利では、返済終了時(もしくは一定の期間)金利が変わりません。変動金利よりも高めの金利設定です。
変動金利では、半年などの期間ごとに金利情勢に合わせて金利が見直されます。金利上昇のリスクがあります。

15年以上の長期返済であれば全期間固定金利が安心と言え、借り換えや短期期間の返済(10~15年以内)では
変動金利の方がお得といえます。