住まいのコラム COLUMN

北九州の注文住宅の坪単価の落とし穴

今回は北九州 注文住宅 坪単価についての落とし穴についてお話をさせていただこうと思います。
まず最初に気を付けていただきたいことは、総額のみで安易に判断をしないという点です。特に注文住宅の場合、設計士によってもその価格は変動をしていきます。良心的な方であれば良いのですが、世の中はそのような方だけではありません。中には多額の手数料を要求されるケースもありますので、総額のみで判断をしないようにしてください。
また北九州 注文住宅 坪単価で気を付けていただきたいのが、どのくらいの広さが確保されているのかです。安い安いと安易に価格のみを見て喜んでいたら、それは起きて半畳寝て一畳のの狭い土地である可能性も否めません。それを防ぐためにも、必ず坪単価と広さは合わせて見るようにしてください。
一方で北九州 注文住宅 坪単価で異様に安いにもかかわらず、広さもそれなりであるケースも要注意です。残念ながら、注文住宅に限らず住宅は何かと評判が価格に影響をしてくるものです。実際には何の問題も無いにもかかわらず、地盤や立地などの点で忌避されてしまうことも少なくありません。そのようなケースもありますので、いくら安いと言ってもそのような点には注意を払う必要があるわけですね。

北九州の注文住宅の本体価格は、延床面積に坪単価を掛けたものだけではありません。
ここでは、北九州の注文住宅を建築する場合に、延床面積に坪単価を掛けた以外にかかる費用についてご紹介しましょう。
北九州の注文住宅を建築する場合には、延床面積に坪単価を掛けた以外に付帯工事を行うための費用がかかります。
一般的に、建物本体の他に付帯工事を行うための費用は、トータル費用の15%になると言われています。
工事内容としては、地盤を改良する工事、ガス、電気、水道を引き込むための工事、外構工事、カーテン・照明工事などがあります。
付帯工事の費用は、計画内容や敷地の条件によって大きな増減があるので、余裕が少しある資金プランにしておきましょう。
一般的に、その他の費用は、トータル費用の15%くらいになると言われています。
その他の費用としては、建築確認検査・申請などの手数料、登記するための費用、銀行ローンの保証料や手数料など、火災保険、地鎮祭などの費用、引越し費用、などがあります。
なお、設計事務所に頼む場合には、設計するための費用も別途かかるようになるので注意しましょう。
住宅を建築する場合の予算や費用を決める方法などについては、ネットなどで詳しく紹介しているため参考にしてみましょう。

表示されている坪単価には、落とし穴が用意されています。提示されている金額については、それ以上という表記がされているのであり、実際の単価は調べてみないとわかりません。北九州 注文住宅 坪単価については、本当の情報を理解しないことには、正しい判断をすることが出来ないのです。もしその数字を鵜呑みにして、購入しようとすると、本当に間違った買い方をすることとなります。
坪単価は、最低の数字が掲載されている程度であり、実際にはそれ以上の単価が要求されることとなります。場所によって、この地域だと一番安いのはこれくらいで、それ以上の場所も幾つかあることがわかっているので、北九州 注文住宅 坪単価の表記が行われているのです。これを間違って考えてしまうと、坪単価が本当に安いものと判断して、勝手に決定するような問題が出てしまいます。後から計算してもらうと、相当高い数字になっていることもあります。
北九州 注文住宅 坪単価については、高いものもありますが、安いものに合わせて表記されていることが多いことに気をつけてください。安いものを考えていくと、高いものよりも購入しやすいように見せかけて、実際には相当高い金額になってしまうことがあります。

1 / 11
TOPへ戻る