History 歴史

創業期

「大英産業」誕生
昭和43年11月28日 大英産業の前身である大英建設工業株式会社を設立
昭和44年11月28日 大英産業株式会社に称号変更 宅地造成と販売、建売分譲住宅の販売を行う
宅地開発
大英郡山ハイツ

「業界のイメージを覆した、創業者の思いが企業活動の原点に」

大英産業創業者の大園英彦は、当時、ネガティブなイメージの強かった不動産業界において「ひとつくらいまじめな不動産会社があっても良いはず。」と企業理念にも通じる「お客様目線」を創業当時から実践してきました。その思いは、大英産業の社風や社員の行動指針にも大きく影響を与え現在も、商品企画や営業活動に根付いています。

黎明期

新築分譲マンション「サンパーク」事業が始動
昭和61年7月 サンパークマンションの第1号「サンパーク扇ヶ浦」を分譲開始
平成16年5月 リフォーム事業が始動 / 中古不動産売買事業が始動
サンパークマンション第1号「サンパーク扇ケ浦」
大英リフォーム館オープン
当初のサンパークマンションモデルルーム

「価格以上の価値を提供」

「住まいを通じて幸せをお届けする」という企業理念の意味は、「住宅」という商品を通じて、お客様はもちろん社員とその家族、関係業者さん、地域の方まで大英産業の事業に関わる全ての人が幸せである事です。大英産業は、価格以上の価値を提供する事に妥協はしません。

大英産業の基盤を創った「新築分譲マンション、中古不動産売買、リフォーム」の3事業

サンパークマンション

その街のランドマークになる高品質なマンションを追求し実現したマンションシリーズ

不動産売買

地域に広く深く根ざした強固な情報網を活かした不動産のプロフェッショナル

りふぉーむ名人

小工事から大規模改修までリピート率の高い提案型リフォーム

発展期

「総合住宅不動産企業」への進化
平成21年1月 新築一戸建住宅の分譲を開始 後に「サンコート」へと発展
平成22年6月 マンション管理会社「リビングサポート」設立
平成23年8月 住宅に関する全てのニーズを満たす総合店舗「住まいの情報館」オープン
平成29年2月 土地・マンション・戸建ての買取りを行う「住まいの買取館」オープン

「真の顧客ニーズ」に応えるために進化を続ける企業

元気な街、心豊かな暮らし
そして、大英産業はこれからも進化し続けていきます。お客様ひとりひとりの暮らしを豊かに、地域の夢を実現するために。
TOPへ戻る